Posted by at

2014年08月05日

腰回し体操で慢性腰痛が改善された

慢性の腰痛が1日で消えてなくなり、座り仕事も旅行に出掛けても、ぜんぜん平気になったと大評判の改善法をご紹介します。それは『腰回し体操』です。ゆっくりと腰を回すだけ。腰を支えるお尻の中殿筋を鍛えることで慢性腰痛がすぐに治り再発もしなくと口コミでも大評判の簡単な体操です。

実際にこの腰回し体操を実践した多くの方が腰痛によく効くと喜びの声が多数届くようになりました。椎間板ヘルニアの治療で注射を何度も打っていたのが、腰回し体操をするようになってからはその痛みが3日目ぐらいから引いたという効果も出ています。

一口に腰痛といっても発症の原因やその症状はさまざまです。しかし、ほとんどの場合に腰痛に共通している特徴があります。それが、お尻の中殿筋の筋肉が衰えていることです。この筋肉は衰えると硬く硬直しますのでご自信でもお確かめください。この中殿筋とはお尻のやや上にあって姿勢を保ったり、太ももを持ち上げる際に使われる役目を担っています。しかし、悪い姿勢をしていたり、運動不足だとすると、中殿筋や腸腰筋といった腰回りの筋肉が衰えます。

この衰えによってさらに上半身からの負荷が中殿筋にたまり、疲弊してこわばり硬直することになります。その結果、腰椎や股関節が不安定となって、腰痛がおきやすくなるという理屈です。実際に腰痛持ちの方には中殿筋が硬直している方が多いです。
  
タグ :慢性腰痛


Posted by サンマーク at 09:55Comments(0)ブログ