Posted by at

2014年11月25日

股関節痛も和らぐ腰回し体操

腰回しを行うときのコツは3つあります。一つは、腰を回すときは、頭をしっかりと固定して、両肩は水平に保ち、腰だけを回転させること。頭や肩が腰をいっしょに回ってしまったり、腰を回さずに上半身だけ回してしまったりすると、腰回しをいくら行っても十分な効果を得ることができません。

慣れないうちは、鏡を見ながら練習し、腰だけが回っているかの確認をしましょう。

二つ目は、中殿筋に当てた親指の力を左右で調節すること。腰の左右どちらか一方に力が入り、もう一方には力は入りません。

三つ目は、腰をゆっくりと大きく回転させることです。腰を急いで回すと、親指で中殿筋に十分な刺激を与えることができないからです。身体の中心線を軸に、円を描くようなイメージで腰を大きく回すのがコツです。

腰回しは、慢性的な腰痛であればどんなタイプにも効果があるほか、ひざ痛や股関節痛にも効果を発揮しています。とにかく、関節痛でお悩みの方は、ぜひ実践してみてください!

実践してみるだけの価値はありますよ♪
  


Posted by サンマーク at 18:17Comments(0)ブログ